学生チャレンジ企画  よくある質問(Q&A)

Q.1 どういった企画が採用されますか?
A.1 本企画は所属ゼミやサークルなどのそのままの研究や活動の延長ではなく、「拓大生自身がチャレンジする行動・活動」を応援するための企画です。あくまで主体は拓大生です。学生チャレンジ企画の趣旨に沿うことが大きな採用基準となります。
過去に採択された活動は学生チャレンジ企画ホームページ(http://gakuchalle.takushoku-u.ac.jp/past_adoption.html)で閲覧できますので、参考にしてください。
Q.2 申請にあたり、事前に不明な点等を相談できますか?
A.2 メール:gakuchalle@ofc.takushoku-u.ac.jp、電話:03-3947-7160で相談を受け付けます。
また文京キャンパスの広報室に来ていただければ直接お話することも可能です。
電話、来室共に受付時間は 平日9:00~11:30 12:30~17:00 土曜日9:00~11:30 日曜祝日は休みです。
Q.3 活動資金(30万円)は申請額通り支給されますか?
A.3 予算書は必要経費、自己負担、申請額と分けて記載することとなっています。申請額がそのまま支給されるわけではなく、提案された企画の内容に応じて活動資金の金額が決定されます。申請額を大きく下回る場合でも、採択されたら活動を実行していただきます。企画書には「この企画のこの部分に大学の支援が欲しい」と大学の支援を必要とする旨、活動資金の用途と必要性を明確に記載することをお薦めします。プレゼンテーション審査でも支援の必要性を具体的に説明してください。
また、紅陵祭等で模擬店等の出店がある場合は売り上げ予算額を計上してください。
Q.4 過去に採択された団体は採択されませんか?
A.4 同じ団体でも採択される場合もあります。ただし、前年度と同じ企画では採択はされません。前年とは異なる企画でチャレンジをしてください。
Q.5 活動期間の延長はできますか?
A.5 活動は原則として採択から開始し、紅陵祭での発表をもって活動完結とします。10月末までに成果報告書を提出し、12月の成果報告発表会にて活動報告をしていただきます。学生チャレンジ企画終了後、所属ゼミやサークルの活動の一環として継続することは構いません。
Q.6 企画書の提出と選考について教えてください。
A.6 5月26日(水)13:00までにメールで提出してください。その後、実行委員による第1次選考(書類選考)を行います。書類選考通過者のみ、6月19日(土)の第2次選考(プレゼンテーション審査)に進みます。書類選考の結果は6月11日(金)に電話で連絡します。第1次選考の結果発表から第2次選考まで日数があまりありませんので、プレゼンテーションの準備は進めておいてください。
Q.7 第2次選考(プレゼンテーション審査)について教えてください。
A.7 プレゼンテーション審査は事前に収録した5分以内の動画で行います。質疑応答は10分程度です。特に活動資金についてはよく質問されます。また企画書に記載できなかった補足や意気込みを5分間のプレゼンテーション動画に込めてください。さらに、機材の購入に活動資金を使う場合は、企画が終わった後の機材の使い道を説明できるよう準備することをお薦めします。
プレゼンテーション動画はMP4のデータに変換した後、前日の6月18日(金)13:00までに広報室にメールで送って下さい。
Q.8 活動に伴うポスター印刷や募集告知の協力をしてもらえますか。
A.8 学内に貼るポスター印刷や学内でのイベント開催等のための募集告知はデジタルサイネージへ掲載することは可能です。広報室へご相談ください。
Q.9 ビデオカメラは借りることができますか?
A.9 ビデオカメラ、三脚等は貸し出し可能です。また他に貸し出せる物品がある場合がありますので、企画書作成の際、広報室にご相談ください。
貸出可能物品
ビデオカメラ、ボイスレコーダー、デジタルカメラ、可動型掲示板、イーゼル、電子レンジ等
Q.10 ゼミ単位、サークル単位で応募できますか。
A.10 応募出来ます。ただし、団体名にゼミ名、サークル名を使うことはできません。
オリジナルの団体名をつけて下さい。
Q.11 他大学の学生や拓大生以外の参加はできますか。
A.11 あくまでも主体は拓大生ですが、協力者としての参加は可能です。企画書には、協力者としての必要性と企画にどのように関わるかを明記してください。

※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、変更になる場合があります。

TOPへ戻る